公益社団法人 香川県歯科医師会立 香川県歯科医療専門学校 【衛生士科・技工士科】

教職員採用-倫理規定

教員の留意すべき倫理的配慮

  1. 教育目標達成に最善の努力をする。
  2. 第一義的責任は生徒の擁護であり、この責任は教育を遂行する中で最優先する。
  3. 学生や学生のケア・処置・指導等を受ける人々の権利の擁護と同様、安全・安寧を損なわないよう個人衛生に努め、感染症に罹患しないように教育・指導する。
  4. 学生が実習を行うにあたって、対象となる人々の意思を尊重しかつ慎重に確認する。
  5. 教員は自己の権欲のために学生を心理的に操作、あるいは利用しない。
  6. 学校の本分を尊重し、教育現場においては宗教、政治などについて中立的な立場で臨む。
  7. 学生が、自分で考え、自己の考えを生き生きと述べることができ、可能性を発揮できる教育環境や人間関係づくりを促進する。
  8. 学生との約束は厳守し、一貫性のある態度で接する。
  9. 自己の指導について客観的かつ適正に自己評価し、指導方法の改善に努める。
  10. 学生や学生のケア・処置・指導を受ける人々の個人情報の守秘と保護に努め、教育・指導する。
  11. 教員は学生および学生のケア・処置・指導を受ける人々に倫理的な行動モデルを示す。
  12. 教員は歯科衛生・歯科技工専門職としてのモデルを示す。
  13. 教員は教員としてだけではなく、一人の社会人としてのモデルを示す。

前のページへ戻る

Page Top